TOPQ&A TOP→Question1 
 
Q 
建築士事務所とは?ハウスメーカー、工務店との違いはあるのですか?

 
A  建築士事務所とは、建物の設計、工事監理、建築工事契約に関する事務などを行う建築設計事務所のことで都道府県知事に登録しているものをいいます。
事務所に所属する1級建築士、2級建築士などの資格者が、企画・設計・見積り、確認申請業務などの代理、施工者への技術指導、工事監理、その他相談・調査・諸手続きなどを行います。
建築士事務所には、
設計や工事監理のみを専門で行う建築設計事務所のほかに、ハウスメーカー、設計・施工を請負う工務店やゼネコンなども建築士事務所として登録しています。
建築士事務所の
登録を行っていない事務所は設計業務を受けることは出来ません。
では、設計事務所とハウスメーカー(〇〇ホームなど)や工務店との違いですが、一番の違いは、設計のみを専門で行なうため、設計に関するプロフェッショナルだと言うことです。
ハウスメーカーや工務店は、自社の設計部などが設計した建物を自社で施工を行なうため、利益ばかりを追求する会社の場合、同じ間取りの設計や安価な材料の選択、より簡単な施工を行なうため、出来上がってみると、当初、お施主様がイメージしていたものとは違う建物ができたり・・・ということもよく聞きます。すべてのハウスメーカーや工務店がということではありませんが、その点、設計事務所の場合は施工者と完全に独立した立場のため、正しい施工を指導でき、設計図のとおりに建物を完成できることです